多くの人々にハピネスを提供する!UNIEARTH

オフィシャルブログ
会社HPへ
お問い合わせ

リアルタイムコミュニケーションするならWebRTC!!…って何?!

catch_17

のんびり過ごしていると、あっという間に最新ワードがどんどん出てきてしまう世の中、「近頃、ちまたで聞こえてくるIT用語に付いていけない!」という方も多いと思います。

さて、いくつかの気になる最新ITワードの中でも「これは知っておいて頂きたい」というものをピックアップしてみました。今回は【WebRTC】です。いったいどのような意味を持ち合わせているのでしょうか?一緒に確認していきましょう。

WebRTCとは?

【WebRTC】とは、Web Real-Time Communicationの略称です。これは、ビデオや音声、データのブラウザ間でのやり取りが、プラグインなしにWebブラウザだけで容易に可能にする規格となっています。一言でいうとwebサイト上でビデオや音声チャット、データなどのやり取りが誰でも簡単にできるといったところです。

WebRTCの最大の特徴が知りたい!

websocket

さて、次にWebRTCの特徴をお教えします。最大の特徴は【P2P方式の通信】。これによりWebブラウザ間で音声やビデオ、そしてデータファイルの共有が容易にできるということです。

では、具体的に【P2P方式の通信】とは、どのようなことなのでしょうか?通常のWebサイトでは「Webブラウザ」と「サーバー」の間で通信を行うことになりますので、ユーザー同士でやり取りを行うチャットもサーバー間を必ず通すことになっています。
これが【WebSocket】というわれる規格に当てはまります。一方、WebRTCは「サーバー」を通すことはありません。WebRTCは、「P2P方式」と呼ばれているユーザー同士の直接通信によって情報をやりとりします。これによって、WebRTCでのやり取りは非常にレスポンス性が高くなるので、WebRTCはリアルタイムを優先した、とても便利な通信方式と言えるのです。

WebRTCを使った注目のサービスとは?

さて、国内外ではWebRTCを利用して、どんどん便利なサービスが展開されてきましたので、以下にまとめてみました。

【1meeting】

imeet
https://1meeting.net/

ネーミングの通り、ワンクリックでミーティングを始めることができるというシステムサービスです。どこにいても、誰とでも、時間を問わずにミーティングができるので、ビジネスマンにはおすすめです。

【appear.in】

apper
https://appear.in/

こちらは、ログインせずにチャットやビデオ通話ができる、画期的なサービスです。似たようなサービスのほとんどが、恐らく会員登録からのログインをしなければ利用できない仕組みになっています。しかしながら、こちらのサービスはログインが必要ないのです。
ですから、とても気軽に使用することができるのです。

今後、WebRTCはどのように発展していくのか?

WebRTCを取り巻く今後の動向ですが、より便利に活用されるようになると予想できます。まだまだ不安定なところもあるとは思いますが、Web上での【通話】が容易にできるようになるなど、具体的なソリューションプランも見えています。リアルタイムコミュニケーションの可能性は、広がるばかりです。

さいごに

以上、今回は【WebRTC】に関してお話を進めてきました。いかがでしたか?
難しい言葉でしたが、簡単に言えばWebブラウザ間で音声や動画などを簡単にやり取りできる【リアルタイムコミュニケーション方式】のことです。

これからはWebRTCを取り巻く今後の広がりが、とても楽しみですね!

この記事を書いた人

ユニアース広報部

ユニアース広報部

ユニアース広報部です! ITにまつわる情報をどんどん発信していきたいと思います!

ユニアース広報部の最近の記事

pagetop