多くの人々にハピネスを提供する!UNIEARTH

オフィシャルブログ
会社HPへ
お問い合わせ

人工無脳を活用?!チャットボットサービスまとめ

チャットボットサービスまとめ

「人間対人間」のコミュニケーションが当たり前の世の中でしたが、最近ではその概念が崩れつつあります。なぜなら、人のように振る舞うプログラムが、目まぐるしいスピードで発達しているからです。
そこで今回は、注目すべき人工無能【チャットボットサービス】について、お話していきます。言葉の意味について完璧に説明できる方は少ないと思いますので、一緒に確認していきましょう!

チャットボットサービスとは?

doctor-1193318_960_720

【チャットボット】とは、人間の代わりとなって、文字や音声による利用者との会話に自動で回答してくれるサービスです。「能」はないけれど、人間のように振る舞えることから「人工無能」という別名も付けられるほどです。
そして注目すべきは、近年チャットボットサービスによる大変革が起きているというのです!

FacebookやLINEにチャットボットサービス

チャットボットサービス(人工無能)が世の中に広がるきっかけとなったのは、2016年の4月。大手SNSツール「Facebook」がメッセージングアプリ向けのチャットボット開発サービスを公開したことでした。
これを機に、人間の会話から質問や要望を読み取り回答してくれるという、さまざまなチャットボットが世の中に送り出されるようになったのです。

企業にとって顧客対応の新たなツール

企業にとって、お客様と密につながる顧客対応は、とても重要です。その一方で、顧客対応専門のスタッフを配置しなければならず人件費がかかったり、1対1の対応まで手が回らないという悩みも抱えていました。
けれども、チャットボットサービスの出現によって、パーソナライズされた顧客対応が実現し、企業が本格的に取り入れ始めたのです。

こんな企業でチャットボットは取り入れられています!

LOHACO

チャットボットの「マナミさん」を顧客対応に採用したのは、人気急上昇中の大手通販サイト「LOHACO」です。食品、洋服、日用品、コスメなど、多種多彩な商品を購入することができます。こちらの会社の悩みは、時間外の問合せが全体の約4割を占めていたことでした。そこで、24時間対応のチャットボットの「マナミさん」を配置したのです。それによって、問合せに答えられる件数が増えたのに関わらず、オペレーター数は削減できたというプラスの変化が起きたのです。

http://lohaco.jp/support/

情報を検索して得る時代は…終わる!?

分からないことや必要な情報は「検索」して、問題を解決しているという人がほとんどだと思います。しかしながら、これからは「検索」から「メッセンジャー」の時代へと変化していくかもしれません。検索するよりも、直接聞いて直ぐに答えが返ってくる方が、とても効率的だからです。

いかがでしたか?今回は次世代を担う【チャットボットサービス】について、詳しくお話しました。キーワードや会話の展開からユーザーが必要としている情報を見抜き、きちんと対応してくれるチャットボットサービスは、今後もますます広まっていくことでしょう。
あなたの身の回りにも、チャットボットサービスがあるはずです。是非、探してみてくださいね。

この記事を書いた人

ユニアース広報部

ユニアース広報部

ユニアース広報部です! ITにまつわる情報をどんどん発信していきたいと思います!

ユニアース広報部の最近の記事

pagetop