多くの人々にハピネスを提供する!UNIEARTH

オフィシャルブログ
会社HPへ
お問い合わせ

【参加レポート】Pepper Tech Festival 2014

”Pepper Tech Festival 2014”に参加してきましたー!

とても楽しかったので、参加レポートを書きます!

まず、「Pepper Tech Festival 2014って、何だろう?」という方のために簡単にご説明します。

まず、何のイベントだったかとういうと、Pepper(ペッパー)という㈱ソフトバンクグループが来年2月に販売開始する世界初の感情認識パーソナルロボットのディベロッパー・クリエーター向けのテックイベントが、Pepper Tech Festival 2014です。

まだ、Pepperのことを知らなくて、興味がある方は、ぜひ下記サイトをチェックしてください。

▼Pepperオフィシャルページ
http://www.softbank.jp/robot/special/pepper/

▼Pepper Tech Festival 2014のサイト
http://pepper-techfes.jp/

Pepper Tech Festival 2014レポート

2014年9月20日(土)、Pepper Tech Festival 2014が開催されるということで、そこに標準を合わせ、18日から関西から東京に入り、様々な予定を埋めていました。

どんぴしゃのタイミングでTOKYO GAME SHOW 2014 が開催されていたので、参加してみたり、知り合いのベンチャー企業やクライアント企業を訪ねたりととても充実していました。

充実しすぎて、20日の朝、起きたのが10時でした。

Pepper Tech Festival 2014は、10時開始。。。

明らかな遅刻です。

ちょうど渋谷のホテルに泊まっていたので、簡単に準備をし、タクシーを飛ばして、Pepper Tech Festival 2014が行われる「ベルサール渋谷ガーデン」へ

2014-09-20 12.17.01
▶ベルサール渋谷ガーデンの入り口

到着時間は、10時50分、ほぼ一時間の遅刻です。

受付を終え、会場に入ると、

2014-09-20 11.04.59

やはり、既に始まっている。

20140923100346

受付でもらったパンフレットを見ると、”オープニングショー”が終わり、”キーノート(ピッチ)”もほぼ終わりかけ。

まぁギリギリ間に合ったということにしましょう。

20分くらいソフトバンクロボティクス株式会社代表取締役冨澤文秀氏のキーノートを聞いて、

デベロッパープログラム

次は一番興味があった”デベロッパープログラム”の内容です。

デベロッパープログラムは、ソフトバンクロボティクス株式会社の吉田氏、Pepperの共同開発会社であるアルデバラン社のNicolas Pigaud氏が説明していました。

まずは、簡単なデベロッパープログラムを入れ、様々なPepperのデベロッパーに関する情報が明らかになってきます。

細かい内容を書き始めると、きりがないので、ここはざっくり説明。

2014-09-20 11.25.43
秋葉原にアトリエがOPENしてイベントが開催されたり、Pepperを触ったりできるらしい。

2014-09-20 11.26.03
PepperCreatorCommunityというPepperのコミニュティが便利そう

2014-09-20 11.30.20
デベロッパー先行モデルの内容

2014-09-20 11.30.48
ロボット本体、デベロッパー先行モデルの中に何が入っているか

2014-09-20 11.31.46
月額サービスでデベロッパー特別パックの提供

2014-09-20 11.35.05
クリエーター向けのコンテストが2月に開催される!

2014-09-20 11.36.00

手振れで見にくいですが、デベロッパー先行モデル198,000円(税抜)です。手振れしすぎて、なんて書いてあるかわからない。。。

どんどんPepperのデベロッパー向けの情報が明らかになってきます。
Pepperをはじめ、ロボットは今から一般の人でも簡単に使うことのできる新しい産業。とても夢があります。

撮った写真は上記だけですが、
新しい情報が明らかになるたびに、会場では「おぉ~」という声が上がっていました。

遅刻したけれど、デベロッパープログラムの説明は聞けて良かった・・・

デベロッパープログラムの説明が終わると、昼休憩。

昼休憩

昼休憩中に、別の部屋で行われていたPepper関連の展示を見ました。

2014-09-20 12.01.40

2014-09-20 12.00.56
とりあえず、Pepper。

2014-09-20 12.47.17

2014-09-20 12.13.10
Pepperが似顔絵を書いてくれる体験ができるブース。

2014-09-20 12.04.59
SDKの体験コーナーのブース

2014-09-20 12.04.54
ノンプログラマでも、簡単な動作なら開発できるみたい

2014-09-20 12.11.05
明和電機さんがPepperとコラボしてセッションしてた

展示ブースでは、この他にもPepperの可能性を感じさせてくれる様々な展示をしているブースがありました。

チームラボの来場者参加型のPepperコラボタイム

昼休憩がおえると、チームラボの来場者参加型のPepperコラボタイムとパネルディスカッションを挟み、

2014-09-20 13.42.06チームラボ「光と音のオーケストラ」

2014-09-20 14.13.59パネルディスカッション

パネルディスカッションはラフな感じの楽しい話ばかりで、
笑いを取らなければならない空気になり、あまり参考にならず(笑)

技術セッションタイム

次は技術セッションタイム

2014-09-20 15.00.51
APIの数も思いのほか準備してある

2014-09-20 14.47.34
気になっていたハードの使用も明確に

2014-09-20 14.59.45
Pepperをリアルタイム開発

2014-09-20 14.48.14
まだ発表されていないけど、Pepperの充電スポットも開発済みらしい

技術セッションは、かなり参考になった。
今まで不明であったPepperの開発に関する情報が明らかになった。
でも開発は、SDKか、C++、Python(パイソン)か~

トークセッション

技術セッションの次はトークセッション。

2014-09-20 16.38.04
提携企業による開発秘話や苦労したところなどが聞けた。
あまりイメージしてなかったけど、Pepperがしゃべる言葉の設定が大変らしい。

懇親会

2014-09-20 17.24.1710時から17時半まで行われたPepper Tech Festival 2014。長時間にもおよぶイベントも終え、懇親会へ。
何がすごいって、イベント開始から最後までほとんど人が帰らず、懇親会も人がいっぱい。

追伸

20140923111704

このイベントに参加して、何よりうれしかったのは、①PepperのTシャツと②まだ未配布の開発用SDKがもらえたことが一番うれしかった。

実は、Tシャツと未配布の開発用SDKを自慢したくてブログに書きました。

この記事を書いた人

mitsueda

マーケティング mitsueda

WEBマーケティング、ディレクターをしています。「個人的に役に立つこと=誰かの役に立つこと」とのことで、個人的に気になることを執筆していきます。

mitsuedaの最近の記事

pagetop