多くの人々にハピネスを提供する!UNIEARTH

オフィシャルブログ
会社HPへ
お問い合わせ

シェアリングエコノミーって何?新しい経済の仕組みを理解しよう

シェアリングエコノミーのイラスト

問題点が全くないわけではありませんが、民泊などのサービスを代表的なものとして、シェアリングエコノミーに注目が集まっています。このシェアリングエコノミー、という言葉は様々なメディアで取り上げられますが、実際のところ具体的な意味を把握していない方も多いのではないでしょうか。そこで今回はこのシェアリングエコノミー、という言葉の意味、そして現場や魅力についてお伝えします。

シェアリングエコノミーとは何か

共有、シェアのイメージ

シアリングエコノミーとは、アメリカを中心に広がり始めた新しい概念で、SNSなどのソーシャルメディアの発達により、可能になった、お金やサービス、物品の交換共有により成り立つ経済の仕組みのことです。ここ数年では、日本国内でも、所有している持ち家の空き部屋を利用して、民泊を提供する個人も増えてきました。

この民泊とは、シェアリングエコノミーの概念の中でも、中心的なサービスであり、使っていない空き部屋の有効活用となるだけでなく、使ってない部屋を、宿泊できる部屋を探している人にシェアして人の役に立つことができる、という満足感を得ることもできるのです。実際にこのようなシェアリングエコノミーの概念に基づいて民泊を提供している人の中には、利益目的ではなく、純粋に宿泊者とのコミュニケーションを楽しもうとする高齢の運営者も少なくありません。

今まで宿泊ホテルといえば、営利目的の企業が運営する高級ホテルやビジネスホテル、そういったものしかなかったところに、この全く新しいシェアリングエコノミーの概念が取り入れられ普及してきたことで、その市場規模は日本国内でも広がってきているのです。

シェアリングエコノミーのサービスを活用しよう

エコノミーのイメージ

このシェアリングエコノミーの概念は、宿泊施設だけでなく、様々なビジネスモデルを新しく生み出しています。例えば、バッグ(カバン)、労働力、ワークスペース、洋服など、こういったものがシェアされることにより新たなビジネスとなっているのです。シェアリングエコノミーの概念をサービスとして取り入れはじめる、もしくは定期しはじめると生き方が変わります。何故ならかつては所有しなければならなかったものが、本当はその必要がなかったと気がついてしまうからです。車などはその代表的なものです。

以前であれば車は購入するか、業者からレンタルするか、その二択しかありませんでした。しかしながらこの自動車業界にもシェアリングエコノミーの概念が取り入れられてことで、車を買うのでも、借りるのでもなく、シェアする、という概念が生まれたのです。その結果として、消費者は車を購入しなくても、月に数千円程度の低料金で、前もって予約して計画的に行動すれば、車に乗りたい時に乗れるようになりました。
車を持っていなかったとしても日常生活を過ごしていれば、車が必要だと感じることってありますよね。そういった、稀にしか車を必要としない場合、車を所有することは大きな経済負担となってしまいがちです。しかしながらカーシェアであれば、経済的な負担が少ないので、気軽に活用して、車に乗ることができるのです。

また以前であれば、このようなサービスは予約システム等でどうしても、電話対応などの労働力や人件費が必要でした。しかしスマートフォンやインターネットの普及により、そのコストの必要がほとんどなくなってきています。つまり、インターネットとこのシェアリングエコノミーの概念の普及により、日本国内でも新しいビジネスモデルが生まれはじめているのです。

まとめ

ここまで、シェアリングエコノミーについて、紹介しましたが、いかがでしたか。今回の内容をまとめると以下となります。

  • シェアリングエコノミーはお金、物品、サービスの交換共有により成り立つ新しい経済の仕組み
  • シェアリングエコノミーの概念を取り入れたサービスを活用すれば低価格でサービスが受けられる可能性がある
  • これからもシェアリングエコノミーを取り入れたサービスは、市場規模を拡大する可能性がある

シェアリングエコノミーを取り入れたサービスは、今回紹介したもの以外にも様々なものがあります。あなたがもしこの新しい概念に興味があれば、まずは何かこの新しい概念を取り入れたサービスを活用してみては、いかがでしょうか。

この記事を書いた人

ユニアース広報部

ユニアース広報部

ユニアース広報部です! ITにまつわる情報をどんどん発信していきたいと思います!

ユニアース広報部の最近の記事

pagetop