多くの人々にハピネスを提供する!UNIEARTH

オフィシャルブログ
会社HPへ
お問い合わせ

ARとVRって何? AR・VRの可能性と市場動向に迫る!

VRとARの可能性にせまる

ARとVRは、これからITビジネスを発展させる為には欠かせないキーワードの一つです。しかしながら、実際の活用方法やその利用価値についてはまだ知られていないことが多いのではないでしょうか。そこで今回は、ARとVRの違い、そしてビジネスで活用する為に知るべきことを紹介します。

AR、VRって何?

VR使用イメージ

ARとVRは混合されて使われる場合もありますが、その違いは正確に把握しなければビジネスに導入できません。ARとは、Augmented Realityの略語であり、和訳すると「拡張現実」です。簡単に説明すると、現実の体験を拡張することを意味します。

VRはVirtual Realityの略語であり、和訳すると「仮想現実」です。簡単にその意味を説明すると、仮想の現実を体験することです。つまりこれらの言葉は似ていますが、異なる意味を持ったテクノロジーです。

ARとVR、その用途・違いとは?

arの機能を使ったポケモンGO

先ほどもお伝えしたようにARとVRは違う仕組みですが、その特性にあわせて医療業界や教育現場・エンターテイメント業界など多種多様な分野・業種に応用されて来ています。一昔前までは、ARはビジネス向きで、VRはゲーム向きと言われたこともありましたが、ここ最近ではその垣根は、ほとんどなくなってきていると言えるでしょう。例えばARを活用した、夜空に星座を映し出せるアプリ。夜空は普通に見れば星々が点々と輝いているだけですよね。そこに、AR技術を搭載したレンズを使えば、星々にサソリ座や水瓶座など星座を重ね合わせた世界が鑑賞できるのです。

ゲーム業界では、カメラのようなデバイスを頭部に装着するだけで、360度全て仮想空間にいるような状態を演出し、まるで現実かのように錯覚してしまうVRを使ったゲームも開発されています。今世界中で話題を集めている任天堂の「ポケモンGO」はARをつかったゲームアプリです。また、医療現場でも、AR・VRをつかった問診やオペの訓練を行ったり、オペそのものを動画でとりながら現場にいない専門家がその画面に加筆することでオペの精度をあげる仕組みも研究されています。

このようにARとVRの可能性は、多岐に広がりを見せています。その中で、ポイントとしては、ARの方が汎用性があるということ。なぜかというと、ARを容易に応用できるスマホやタブレットなどのデバイスが既に普及しているからです。
逆にVRを使うとなれば、それにあわせて専用の装置などを用意する必要があります。この違いはビジネスを考える上で、大きな要素となることは間違いなさそうです。

AR.VRの市場と動向

AR、VRの市場と今後の動向について考えるのであれば、世界最大の投資銀行がこれらの技術に対してどのような評価を下しているのかを知らなければなりません。世界最大の投資銀行といえば日本でも有名なゴールドマンサックスですが、この投資銀行はVR、AR技術に対して、これらの技術は次世代のコンピューティングプラットフォームになるとレポートしているのです。

AR,VRをビジネスへ導入することを考えるのであれば、この発言は見逃せません。ただ流行るのではなく、プラットフォームになると予測されているのです。VR、ARデバイスがパソコンやスマートフォン規模とはいわずとも、かなりの市場規模となる可能性はあるといえるのではないでしょうか。

AR.VRの活用事例

ではここで、ARの活用事例を紹介します。

・ARを教育コンテンツに活用した事例

このように、ARは上手く活用すればよりユニークな講義、セミナー、授業が構築できる可能性があります。

医療機械学習機能を搭載 ARヘッドセットViZOR

イスラエルにあるAugmedics(アングメディックス)社が各種センサー、機械学習機能を搭載したARヘッドマウントディスプレイ、The ViZOR(ザ・バイザー)

VRをゲームに導入した事例

この動画はゲームメーカーが作成したものですが、VRを活用したゲームがこれまでのゲームで得られる体感とは全く異なるものであることが伝わってきますよね。

AR.VRのこれから。

ここまで、ARとVRについて紹介しましたが、いかがでしたか?
これらの技術は様々な分野・業界で、導入できる可能性があることをご理解いただけたのではないでしょうか。

他にも、ARやVRだけではなく、現実の世界と過去の映像を混合させるSR(代替現実)技術も今後注目すべき技術の一つです。いずれにせよ、これらの技術が今後市場規模を伸ばしてくる可能性は非常に高いといえるでしょう。

どのような業界であれ、これらの技術の導入時期を正確に見極めることができれば、ビジネスを加速させる大きなエネルギーとなるかもしれません。

この記事を書いた人

ユニアース広報部

ユニアース広報部

ユニアース広報部です! ITにまつわる情報をどんどん発信していきたいと思います!

ユニアース広報部の最近の記事

pagetop