多くの人々にハピネスを提供する!UNIEARTH

オフィシャルブログ
会社HPへ
お問い合わせ

じわじわきてるIBeaconとは? その活用事例を紹介!

ibeacon_とは

小売事業を営んでいて、効果的なマーケティングを探求していれば、知らない人はいないiBeaconですが、iPhoneユーザーであったとしてもその存在を認識していない人は少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、iBeaconの機能、そしてその活用事例を紹介します。

iBeeaconとは何か?

ibeaconとはなにか?

そもそもiBeaconとは、どのようなものなのでしょうか。iBeaconとは、アップル社が提供しているiOS7以降で搭載されている、Bluetooth Low Energy(BLE)を使った新技術です。具体的には、Bluetoothの通信技術を使い、小売店において、顧客のスマートフォンにプッシュ通知のアクションを起こすことができます。
またそれと同時の顧客の特定、買い上げ情報の蓄積なども可能です。つまり顧客の購買意欲を高めながら、商品開発や販売戦略を策定する際のデータが取得できるツールなのです。

なぜ今まではiBeaconは普及しなかったのか

このように、小売業者や実店舗でサービス提供している事業者にとってはメリットが大きいiBeaconですが、一般的にはまだあまり普及していません。その理由は、小売業者がタイムセールなどの有益な情報をiBeaconで発信しても顧客がスマートフォンにアプリをインストールしていない場合やBluetoothの設定をOFFとしている場合があるからです。

どれだけ小売業者が顧客にとってメリットがある情報を発信しても、顧客のスマートフォンの設定ができていなければその情報は伝わらないのです。また、Androidには、対応していなかった点も一つの大きな要因と言えるでしょう。

iBeaconがこれから普及しそうな理由

これから普及しそうな理由

このように陰りが見え隠れしていたiBeaconですが、少しづつ可能性が広がってきてました。Bluetoothを低エネルギーで受発信できるBLE技術の登場により、従来よりも充電を気にせずにBluetooth機能が使えるようになったため、Bluetoothの設定をONにするユーザーが少しづつ増え始めているのです。さらに、Android4.3以上でiBeaconの対応がはじまったことでAndroidユーザーでも情報を受信できるようなになったことも大きな要因です。

このように、iPhoneやAndroidユーザーが電池の減りを気にせずにiBeaconの情報を受け取れる環境がついに整ってきたことは、iBeaconの今後の拡散に大きく貢献していくでしょう。

 

iBeaconの使用例と今後使われそうな方法について

ibeaconとは

ではここからは、実際のiBeacon使用例を紹介しましょう。

Case1 介護業界での使用例

認知症を患う高齢者をケアする家族の負担は甚大なものがあります。その中でも夜中の徘徊に頭を悩ませる人は少なくありません。しかし、そういった問題をiBeaconで解消する動きは既にはじまっています。まず認知症を患う高齢者にiBeaconの機能を持ったアクセサリーを身に付けてもらいます。そして地域のボランティアがアプリをiBeaconの発信を通知するアプリを導入します。これにより高齢者の行方不明の防止となり、徘徊による事故などのリスクを抑えられるのです。

Case2 博物館、美術館での使用例

博物館や美術館でもiBeaconは使用されています。対象の美術品の近くまで歩み寄ると、iBeaconにより位置情報がキャッチされ、観覧している人のスマートフォンにその作品の情報などが表示されます。

Case3 図書館での使用例

iBeaconは大学の図書館でも既に導入されています。規模が大きな図書館ほど、目的の書籍を探すのは難しいですよね。だからそれを解消する為に、検索システムとiBeaconが連動されているのです。まずスマートフォンで自分の位置情報を知らせ、読みたい本の情報を入力します。すると目的の書籍までのスムーズな導線が表示されるのです。

Case4 道案内での使用例

iBeaconはGPSよりも正確に位置情報を通信できるので、それを活用した道案内サービスも存在します。最も有名なのは渋谷歩行者ナビですが、これを活用することで、地図だけでは分かりづらかったところにも簡単に辿りつけるようになっているのです。

このように、様々なケースでiBeaconは導入、活用されています。では今後は、どのような使われ方が流行る可能性があるのでしょういか。これらの使用例から考えれば、今後はもっと生活に身近なコンビニやスーパーでより積極的に活用される可能性があります。それによりコンビニ側はより的確に新商品をPRでき、ユーザーは快適に買い物ができるようになるのです。

まとめ

ここまで、iBeaconについて、そして使用例についてお伝えしましたがいかがでしたか。iBeaconはリリースされた当初の期待ほどの爆発的な普及とはなっていませんが、これから伸びる可能性があるマーケティングツールの一つです。その可能性は今回紹介した使用例からも推測できるのではないでしょうか。実店舗の売上を伸ばす為に何か新しいマーケティングツールの導入を模索している場合は、iBeaconの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

ユニアース広報部

ユニアース広報部

ユニアース広報部です! ITにまつわる情報をどんどん発信していきたいと思います!

ユニアース広報部の最近の記事

pagetop